シェア

育児レシピ

簡単!腸キレイなレアチーズムース

大人向け

美味しいスイーツで腸をキレイに。乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維のトリオで腸内環境を整えます。
通常、レアチーズケーキを作る際に使うクリームチーズと比べて、カロリーが25%低いマスカルポーネチーズを使用。
また、生クリームの代わりに牛乳を使用するなど、おいしくカロリーオフを目指しました。火も鍋も使わず、ボウルひとつで出来る簡単レシピです。

コツ・ポイント

・ドライフルーツを4で混ぜ込んでからグラスに入れると、下に沈んでしまいますので、グラスにムース生地を入れてからドライフルーツを散らしましょう。
・ヨーグルトに含まれる乳酸菌を熱で死滅させないよう、4は必ずオリゴ糖→レモン汁→ヨーグルトの順で加えてください。
・オリゴ糖は、甘味の強い「乳果オリゴ糖」を使用すると少量で済むのでオススメです。

レシピ

材料:2人前

☆マシュマロ
40g
☆マスカルポーネチーズ
50g
☆牛乳
25ml
オリゴ糖
小さじ1
レモン汁
大さじ2
ヨーグルト(無糖)
50g
ドライフルーツミックス
40g
<飾り用>
無糖ココア
適量
グラノーラ
適量
チャービル(ミントでも)
適量

作り方

  1. 材料を用意します。

  2. 大きいドライフルーツは1cm角に刻む。

  3. 耐熱性のボウルに☆の材料を入れ、ラップをせずに電子レンジ500Wで1分加熱する。一旦、レンジから取り出して全体を混ぜ、さらに1分加熱する。※加熱後はボウルが熱いので、やけどにご注意ください。

  4. 全体が均一になるようすばやく混ぜたら、オリゴ糖→レモン汁→ヨーグルトの順に加えて、さらに混ぜる。

  5. 粗熱を取り、グラスなどの器に4を入れて、ドライフルーツを散らす。

  6. 冷蔵庫で2時間以上冷やし固める(一晩置くとドライフルーツが生のような食感に!)。

  7. 茶こしでココアを振り、グラノーラとチャービルを飾ったら出来上がり。

レシピ誕生のきっかけ・レシピ作者の想い

・妊娠初期から、多くの方が悩む症状として“便秘”があります。ホルモンバランスや腸の圧迫が主な原因ですが、すぐには解消が難しいので、毎日の食事からため込みにくい腸内環境を目指しましょう。
・ヨーグルトに含まれる乳酸菌・腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖・食物繊維量が多いドライフルーツの3つが持つ効果で腸内環境を整えます。
・クリームチーズと比べて、カロリーが25%低いマスカルポーネチーズを使用し、生クリームの代わりに牛乳を使用するなど、カロリーオフを目指しました。
・一晩置くと、フルーツのプルプルした食感が引き立ち、まるで本格スイーツの味わいに。

このレシピの作者

緑川涼佳

緑川 涼佳

東京都 Otavert
管理栄養士 緑川涼佳

女子栄養大学卒。食品メーカー、専門学校勤務を経て独立。
ヨーロッパ留学を生かした様々な切り口からのレシピ作り・商品企画開発を得意とする。

育児レシピでは、妊活、健康、体づくりレシピ、時短、ヘルシー、大人向けレシピを掲載いたします。